地域連携・医療福祉相談室
048-966-2711(代)  /   048-964-7505(直通)

地域連携・医療福祉相談室

地域連携・医療福祉相談室では、MSW(医療ソーシャルワーカー)と退院調整看護師が、医療とは少し違った視点から、患者様やご家族様を支援しております。

MSW(医療ソーシャルワーカー)とは

MSW(医療ソーシャルワーカー)の名称を聞いたことがあるでしょうか?一般に病院で働く相談員のことをこのように呼びます。相談員といっても、カウンセラーや臨床心理士とは異なります。MSWは、病院に通院や入院されている患者様やそのご家族、またこれから病院にかかろうとする方々が安心して治療に専念できるよう、治療や療養の妨げになるような問題について一緒に考え、解決するための援助を、社会福祉の立場から行う専門職です。

医療福祉相談

患者様・ご家族様が安心して医療を受けられるよう、受診・入院・退院に関わること、心理的な問題、経済的な問題、社会的な問題など様々なことについてのご相談をお受けしております。「こんなこと相談してもいいのかな?」と思われることでも、ぜひお話しください。不安なことや、心配なことを一緒に考え、整理し、解決の糸口を見つけられるようお手伝い致します。ご相談をご希望の方は、お電話または院内スタッフにお声がけください。

048-966-2711(代)

受付時間:
月〜金 9:00~17:30、土 9:00~12:30

たとえばこんな時…

退院支援

当院では、在宅への退院に向けての支援に力をいれております。 入院治療を受ける事で、完治し入院前と同じ生活が送れるようになれば心配はありません。しかし慢性疾患といわれる疾病や、悪性腫瘍、後遺症など、治療や医療行為を継続しながら、患者様自身が病気や障害と向き合い生活していく必要のある疾病も少なくないのが現状です。患者様が、退院後も安全に、そして安定した在宅療養生活を継続するために、様々な準備をすることが「退院支援」です。 退院調整看護師を中心に、地域のクリニック・訪問看護ステーションなどの在宅サービス提供者と連携をとり、患者様が「自分らしい生活」を地域で送れるようお手伝い致します。また、医療依存度の高い方については、レスパイト入院のご相談もお受けしております。がんばりすぎない介護の為にも、ぜひご活用ください。

地域連携

ひとりの患者様の健康を、地域の医療機関が連絡を取り合い協働して見守っていくシステムのことを、『病診連携』や『病病連携』といいます。その際に、より効率的・効果的に連携が図れるよう窓口となって働くのが地域連携室です。 医療機関は大きく3つの種類に分けることができます。

  • ①患者様の体調を日常的に管理する診療所・クリニック
  • ②病床を持っており、外来・救急対応も行う中核病院
  • ③専門的で高度な検査や治療を行うことができる、大学病院や医療センターなど

当院は②に該当します。 それぞれの役割に応じて、お受け入れしたり紹介したりしながら、患者様のご状態に最も適した医療を地域で提供できるように努めています。継続した医療を提供する為にも、他の医療機関からご紹介で受診される場合には、紹介状(診療情報提供書)をお持ちください。

Copyright©
2007-2017.Koshigaya Seiwa Hospital.
All Rights Reserved.

上へ戻る