リハビリテーション科

リハビリテーション科

ようこそ!リハビリテーション科へ

当科は、病気やけがにより日常生活を送ることに不自由を感じる方を主な対象として、個々の運動機能や日常生活における動作能力の回復を図ることを目的として、当院を利用される方を支援しています。

職員数と業務内容

  • 理学療法士 22名
  • 作業療法士 10名
  • 言語聴覚士 4名
  • 受付事務 2名

理学療法

「起き上がり」や「立ち上がり」「歩く」といった動作練習や、痛みの軽減、関節の動きの改善などを目的とした理学療法を実施します。

作業療法

「排泄」「入浴」「更衣」など日常生活活動(ADL)といった応用的な動作練習や高次脳機能障害の改善を目的とした作業療法を実施します。 また、肘・手・指のけがに対して機能の改善を図る「手の外科」の対応にも力を入れています。

言語聴覚療法

脳血管障害などにより食べ物を飲み込みにくくなる「嚥下障害」の改善や、言葉が出ない、理解しにくいといった「言語障害」に対してのコミュニケーション改善を目的とした言語聴覚療法を実施します。

訪問リハビリテーション

当科の職員(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)が地域の皆様の自宅を訪問し、専門職の視点から身体機能や環境を考慮して、本人・家族が少しでも生活しやすい状況となるよう支援を行っています。その際は、地域のケアマネ―ジャーとも連携し、「生活する上で必要なものは何か」を検討します。介護保険において「要支援・要介護認定」を受けている方が対象となります。

施設基準

  • 脳血管疾患等(Ⅰ)
  • 運動器疾患(Ⅰ)
  • 呼吸器疾患(Ⅰ)
  • がんリハビリテーション

関連診療科

整形外科、内科、外科、呼吸器科 他

Copyright©
2007-2017.Koshigaya Seiwa Hospital.
All Rights Reserved.

上へ戻る